2015年3月30日月曜日

150330 山梨の理想の家7

ユニ○ロはブラック企業だ!という話を最近よく聞きます。

でも、近くのユニ○ロの店員さんは、仕事に誇りを持って働いているような気がするし、そもそも仕事というものは楽なモノじゃないので、「そうなのではないんじゃないかな?」と僕は思っています。

仮にブラックだとしたら、労働者を酷使して得られた恩恵は、経営者だけでなく「安くて良い商品」として私たち消費者も享受しているのです。

自分は服を持っているのに、「ユニ○ロはブラック企業だ」と言う人がいるならば、それは矛盾ですね。

僕も昔は、いっぺんに一万円以上もの買い物をしていい気になっていた時もありましたが、最近はワイシャツと靴下くらいしか買わなくなりました。





ところで、僕はアイロンがけが得意です。

子供の頃から母に仕込まれたおかげで、今までずっと自分のシャツは自分でアイロンがけをしてきました。

休みの日は、たまったシャツにアイロンをかけるのが日課です。BGMは滑らかなモーツアルト。

アイロンをかけていると良く分かるのですが、一見シンプルな男物のシャツでも細かいところはかなり違い、その違いは「かけやすさ」そして「仕上がり」に影響してきます。

せっかくかけるのだからキレイに仕上げたいのが人情です。だから僕の考える「良いシャツの基準」の中で、「アイロンがかけやすい」は大きなウエイトを占めます。

(値段が)良いシャツも持っていますが、アイロンのかけやすさではユニ○ロのシャツが一番。どのシャツもビジッと気持ちよく仕上げります。

ユニ○ロのシャツは良いシャツです。(着心地も悪くはありませんし)



さて前おきが長くなりましたが、ここから本題です。

僕が理想とする家は、(男が)アイロンがけをすること、靴を磨くことがよく考えられている 家です。

近頃コンビニエンスな世の中ではありますが、自分の身に着けるこの二つ位は自分でなんとかしたい。そして、先ほどのモーツアルトのように結構なリラックスタイムにもなります。

(男が)アイロンがけをすること、靴を磨くことがよく考えられている という事は、例えば専用の家事室を造れというのではありません。

そんな場所に一人で籠ってアイロンがけをして何が楽しいのか?家族の気配が感じられるところで(男が)アイロンがけをすること、靴を磨くことがよく考えられている 事が大切です。

そうなると、アイロン台などをすっと出してすっとしまえる、そういった収納をよく考えるという事になるでしょうか。



ところで最後に大切な事を二つ。

この (男が)アイロンがけをすること、靴を磨くことがよく考えられている というきまりは、ご覧のとうり、(男が)がです。

もう一つ。

(男が)アイロンがけをすること、靴を磨くことがよく考えられている という事を、女性が言ってはいけません。

これらをまちがえると、家庭内で大きな問題を引き起こす恐れがあります。

注意して使って下さい。


katadesign.org





0 件のコメント:

コメントを投稿

180716 8寸勾配

今進んでいる現場では、屋根を8寸勾配にしています。 自然の理屈から考えれば、プリミティブな建築の屋根勾配は8寸位になるので、そういう意味で僕はこの勾配が好きです。 もちろん、好きだけでは物事は進まないのですが、とにかく今回の現場の屋根は8寸なのです。 ...