2018年2月15日木曜日

180216 建築士事務所に対する立入指導

昨日、山梨県の所轄の建設事務所による事務所の立入指導がありました。

建築士法に基づいた事務所運営がなされているかどうか、定期的に受けるものです。

前回は5年前だったかな?

もちろん「適切に運営されている」という評価をいただきました。

それはそうです。お取り潰しになったら商売ができないですから、きちんとする事はします。





何度も書いていますが、姉歯事件以降、建築設計業界は書類だの色々メンドくさくなっていおります。

それにしても、もう10年以上前の話なんですね。

時間の経つのは早い。

そんな訳で、次の10年も怠けずに頑張っていかねば!と誓うのでした。







スタジオセミナー(毎月第2土曜日、次回は3月10日)へのご参加、
建築に関するご相談は、どんなことでもお気軽に 



0 件のコメント:

コメントを投稿

180716 8寸勾配

今進んでいる現場では、屋根を8寸勾配にしています。 自然の理屈から考えれば、プリミティブな建築の屋根勾配は8寸位になるので、そういう意味で僕はこの勾配が好きです。 もちろん、好きだけでは物事は進まないのですが、とにかく今回の現場の屋根は8寸なのです。 ...