2018年3月27日火曜日

180320 環境破壊

昨日の座禅草の続きです。

座禅草の群生地の近くに、昔はカタクリの群生地もありました。

カタクリって片栗粉のカタクリです。(いまの片栗粉はジャガイモの粉ですが)

そのカタクリの群生していた森の木が伐採され、そこに大規模なソーラーパネルが設置されていました。




写真で分かる通り、まだまだ増殖する様子です。

もちろん私有地なのでしょうが、木を伐るには許可が必要でしょうし、ソーラーパネルを設置するのにも許可が必要なはずです。

八ヶ岳の方でも問題になっていますけれど、もう少しきちんと規制できないものなのでしょうか。

前にも書きましたが、建築物の屋根のソーラーパネルを優遇する政策にしないと、日本の風景が取り返しのつかないことになってしまいます。





・・・スタジオセミナー(毎月第2土曜日、4月は14日10:30〜)
へのご参加、


    建築に関するご相談(無料です)はこちらへ  




・・・カタソレのHP 

0 件のコメント:

コメントを投稿

180716 8寸勾配

今進んでいる現場では、屋根を8寸勾配にしています。 自然の理屈から考えれば、プリミティブな建築の屋根勾配は8寸位になるので、そういう意味で僕はこの勾配が好きです。 もちろん、好きだけでは物事は進まないのですが、とにかく今回の現場の屋根は8寸なのです。 ...