2018年5月14日月曜日

180430 位置出し

敷地に計画している建物の位置を出してきました。




こんな感じです。



位置出しをする際に一番大切なことは、事前に完璧に計画を立てることです。

直角を出すのに三角形を作るのですが、現場でルートなんか計算していないで、事前にCADで寸法を出しておきます。




杭を打つ順番も決めておき、現場では何も考えずに計画を実行するだけです。



位置を出し、各部分の高さと全体像をイメージしました。

今回の建物は平屋で軒が深いので、いい感じになりそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

180716 8寸勾配

今進んでいる現場では、屋根を8寸勾配にしています。 自然の理屈から考えれば、プリミティブな建築の屋根勾配は8寸位になるので、そういう意味で僕はこの勾配が好きです。 もちろん、好きだけでは物事は進まないのですが、とにかく今回の現場の屋根は8寸なのです。 ...