2018年6月14日木曜日

180612 虫

夏になると色々な虫が発生します。

いい虫、嫌な虫いますが、それはこっちの基準で決めているのであって、虫側から見ればみんな必死に生きているということです。

僕のようなダラダラした人間よりも、よっぽど立派なのかもしれません。



僕の基準では、嫌な虫は「刺されると痒くなる虫」です。

代表的なのは蚊ですが、他にも色々いますよね。



僕は昔、スズメバチに手の甲を刺されたことがあります。

吸いやすいところだったので、できるだけ毒を吸い出しました。

そのおかげかショックとかなかったのですが、最初はやはり腫れて痛くなりました。

しかし痛みが治まると、今度は痒いのです。

それが1週間くらい続きました。

やはり、スズメバチのパワーはスゴイものがあると思ったものです。



2回目にスズメバチに刺されると、例のアナーキフィラシー?ショックが起こると言いますので、僕はスズメバチを見ると逃げることにしています。

たまに、現場にスズメバチが入り込むなんてことがありますが、昔ある大工さんは角材でスズメバチを叩いていました。

そんな様子を見て、僕はすぐにそこから逃げ出したのですが、その大工さんは見事にやっつけたそうです。



以外に長くなりそうなので、次回に続きます。







0 件のコメント:

コメントを投稿

180716 8寸勾配

今進んでいる現場では、屋根を8寸勾配にしています。 自然の理屈から考えれば、プリミティブな建築の屋根勾配は8寸位になるので、そういう意味で僕はこの勾配が好きです。 もちろん、好きだけでは物事は進まないのですが、とにかく今回の現場の屋根は8寸なのです。 ...