2014年3月16日日曜日

140316 フキノトウ

雪だなんだとバタバタしていて、気が付つくと、事務所の庭にフキノトウが芽を出していました。

朝明るくなるのもだいぶ早くなってきましたし、もうすぐ春ですね。


これは 少し開き過ぎです

2014年3月11日火曜日

140311 ザゼンソウ

ザゼンソウって座禅草です。

事務所の近くに群生地があり、昨日見に行ったらまだ雪の中でした。

今からが見頃ですよ。ぜひお越しください。

ぐるり甲州



人が歩くところは確保されています

2014年3月1日土曜日

140301 講習会

先日東京で講習会を受けてきました。

最近講習会に出かける機会が多いような気がしますが、その中で特に感じるのは、「終了考査がある」講習が多いことです。

たしかに終了考査があると、落ちてはいけないと思い、講習をより熱心に聴く(といっても自費で勉強の為に行っているので、いつも熱心に聞いてはいますが...)ので悪くないと思います。

ただ前回の講習はハイレベルで、終了考査10問中最後の2問は間に合いませんでした。

ショックだったのですが、講習内容もかなりショッキングでした。





古くは水俣病、原発、そして今回の雪もそうですが、これから起こるであろう「思いもよらないこと」に対して、国は万全ではない!

そんな感じの内容だったでしょうか。

今回の雪でも、孤立した集落がニュースで報道されていましたが、その中でも1月分の備蓄を蓄えていたところがあり、救助隊に「まだまだ大丈夫」と言ったとか言わないとか。

国に頼り切らずに、個人がリスクに対してよく考えて行動する必要が、これからますます重要になるのでしょう。





ところで、今回は泊りで時間があったので、せっかくなのでギャラリー間で「内藤廣 展」を見てきました。





学生のころはファンで、書いたものを読んだり、作品を見に行ったりして熱くなったものです。

あれから20年ほど経ちましたが、内藤廣さんは相変わらず「突っ走ってる」感じでした。




余談ですが、夜は浅草でパーティー。




浅草では東南アジアからの団体客が多く目につきます。外貨を落としてくれるのだから歓迎すべきことです。

ただ、あの人たちが、そのまま富士山(山梨)まで来てくれるのは、どれくらいの割合なのでしょう?

京都などに比べてはるかに近い富士山は、東京とパックで十分いけると思いますが。まだ富士山周辺で、東南アジアからの団体さんはあまり見かけないような気がします。

これも国や県頼みばかりでは進みそうもありませんね。










180919 おいしい水

僕も次男のワタルも、飲み水にはうるさい事を以前書きました。 某酒造メーカーの敷地では、仕込み用のおいしい水を組みことが出来ると言うので、ワタルにも飲ませようと、先日訪ねてきました。 僕が水にこだわるのは、水がとにかく基本だからです。 ご飯だって、コーヒーだって、何でも...