2020年5月25日月曜日

200525 お蔵調査

コロナも一旦治ってきましたね。

しかし、日本中の誰もが第二波の到来を確認ししていますし、その準備もそれぞれ考えている筈です。

そうは言っても、人混みに出かけないなどの基本的なことに加えて、自分でできる事と言えば、免疫力を高める位しか無いのです。

しかし、この免疫力を高めるってのは非常に素晴らしい事だと思います。

暑い季節がやって来ますが、夏バテしないで免疫力を高めたいと思います。



さて先日、お蔵の調査に行ってきました。

周囲に古いお蔵がもう残っていない住宅街の一角で、手を入れて古いものを飾るギャラリーにできればというお話です。

コロナ対策バッチリで伺ったのですが、木が多いので、なんともう蚊がたくさん居るではないですか!

マスクして、汗かきながら実測を行い、蚊にも結構刺されてしまいました。








前にも書いたのですが、最近の調査はスマホのおかげでだいぶ楽になっています。

一瞬で広角になるカメラもそうだし、コンパス、距離測定なども、基本はスケールを用いて今まで通りなのですが、例えばタルキ(屋根)の勾配なんか一発でだいぶ楽です。

ただ、調査結果を直ぐにまとめないと、先に行くほど忘れてしまって大変になるのは昔と変わりません。

免疫力をつけるのが基本のように、基本は変わらないという事です。

調査してから今日でもう3日目、頑張って今日はまとめようと思います。




コロナに負けるな!




・ モーニングサロン

「山梨の理想の家のきまり23への招待」へのご参加
 (毎月第3土曜日7:00〜 参加費1000円/組(朝食付き)
      次回は6月20日(土)開催 (ZOOM参加も可能です)

  はこちら 
 

・・ 建築に関するご相談はいつでも(無料です)

  はこちら  


・・・ カタデザインのHP

  はこちら 





2020年5月10日日曜日

200510 山梨の理想の家のきまり5

写真を載せていなかったので、先日のヒメシャラの様子はこんな感じです。







足元のグランドカバーは、やり過ぎると伸びて大変な事になるので、抑えて抑えて、今はまだスカスカです。

建物も、青いドア以外は、やり過ぎないように気を使いました。



外壁は防火性能の高いサイディングです。

僕は「山梨の家は木の外壁を使うべきである!」と提唱?しています。

しかし、そうは言っても、バカの一つ覚えのように何でも木にするわけではありません。

この場所は、郊外の住宅地で防火に関する規制もない地域なので、外壁を木にしても良いのですが、隣家が結構近い場所に建っているので、部分的にも木を使うのはやめ、すべてサイディングにしました。

シェルターだと言うのは、家の第一条件ですからね。



コロナに負けるな!





・ モーニングサロン

「山梨の理想の家のきまり23への招待」へのご参加
 (毎月第3土曜日7:00〜 参加費1000円/組(朝食付き)
         次回は5月16日(土)開催 
          (今回はZOOM参加のみ 参加費も頂きません)

  はこちら 
 

・・ 建築に関するご相談はいつでも(無料です)

  はこちら  


・・・ カタデザインのHP

  はこちら 








2020年5月2日土曜日

200502 コロナについて考えたこと

今日は、竣工した家に庭木を植えてきました。

「植栽にはあまり予算をかけたくない!」と言われるクライアントを説き伏せて予算を捻出してもらい、予算が無い時いつもする様に、僕が庭木屋さんで選んだシンボルツリーを植えてきたのです。

高さ約3メートル、株立ちのヒメシャラです。

植えなければ、日よけのシンボルツリーがある事を前提にプランしていたので、住宅の機能にも支障が出てしまいます。

太陽の方向を考慮し、夏場にうまく日よけとなる様な場所に植えることができたので、ひと安心。

メインさえ植われば、後は色鉛筆でゴニョゴニョする様な感じで、色合いを考えながらグランドカバーを植えるだけです。



僕は、建物も外構も、デザインには意味や目的を持たせなければいけないと思っていますし、機能美とでもいいましょうか、そういうものが美しいと思います。

今回のシンボルツリーもグランドカバーも、目的を持って植えることができたので、そういう意味で建物のファサードが美しく仕上がったと思います。

後は、その場所の環境によって、ふさわしい形に成長していってくれるでしょう。



さて、話はコロナについてです。

以前も書きましたが、どうやって感染するのかイマイチよく分かりません。

「エアロゾル感染って、ほとんど空気感染じゃないか!」と思うのですが、よく考えてみました。

条件を整理すると、

1、空気感染はしない。

2、エアロゾル感染はする。

3、飛沫が飛び散って、その飛沫の水分が蒸発しエアロゾル化したものが空気中を漂って感染するのがエアロゾル感染。そのエアロゾルはマスクを通す。

4、もちろん飛沫感染はする。

5、物についたウイルスからの感染が結構多い。

5についての対策は、前回書いた「怪しい手では顔を触らない」で良いと思うのですが、エアロゾル対策として、最近は「マスクをする、口では呼吸しない」を意識しています。

もし自分が感染していても、鼻呼吸なら飛沫は発生しないので、人に感染させる心配はありませんし、空気中を飛んでるエアロゾルに対しても、鼻なら鼻毛とか鼻水とかで、口や目からよりは感染する確率が大幅に減るはずです。

さらに突っ込んで、一切口を使わず鼻で喋れれば完璧なのですが、流石にこれは無理なので、最近はスーパーなどでも一切喋らず、スマホのペイを無言で見せるだけで、ずっと鼻呼吸で通しています。

しかしさすがに、これではコミュニケーションの放棄、人類がコロナに屈したことになりますので、人類の尊厳を守るべく、ペイを見せた後、意識して少し微笑むようにしています。

あー早く、スーパーのレジの人とコニュニケーションがとりたい!

気にも止めなかった、ありがたさを気づかせてくれるコロナでもあります。



コロナに負けるな!




・ モーニングサロン

「山梨の理想の家のきまり23への招待」へのご参加
 (毎月第3土曜日7:00〜 参加費1000円/組(朝食付き)
         次回は5月16日(土)開催 
          (今回はZOOM参加のみ 参加費も頂きません)

  はこちら 
 

・・ 建築に関するご相談はいつでも(無料です)

  はこちら  


・・・ カタデザインのHP

  はこちら 









2020年4月24日金曜日

200424 未来の姿

息子のワタルは、4月から中学生になりました。

しかし、入学式をしただけで、まだ1日も学校に通っていません。

学校からプリントが配られているそうなのですが、それをボチボチ自主学習しているだけで、多分日中はゲームでもしてダラダラしているのでしょう。

政府はいまだにリモート授業をしようとしませんし、僕が見かねて「おいワタル。いつもはダラダラしていても良いけれど、イザって時に頑張るのが良い人間というものだよ!」と言うのですが、その答えは「今はまだその時じゃない!」.......

「おいおい、お前は徳川家康か!」



そんなやりとりをしていたのが一月前、すっとダラダラしていたので流石にマズイと思ったのでしょう。

最近は、料理をしたいとか、勉強(まあプリントなのですが)を教えて、とか言ってくるようになりました。

昼間きちんと学習時間を確保するように考えて、僕が事務所にいる時は、ZOOMで監視?することにしました。



これが結構良いのです。

地理なんか最高ですよ。

例えば、五大湖の名前なんて問題はグーグルアースを共有しなが、名前なんて簡単に探せます。

さらに、五大湖はカナダとUSAの境にあって、ちなみにカナダの首都はココとか、オタワとかトロントとは、こんな街なんてのも写真も含めて簡単に検索できます。



その他の教科も、調子よく(検索して)教えていたのですが、理科で問題に突き当たりました。


豆腐を食べるハナ子 本文とは関係ありません


面倒くさいのです。

例えば、被子植物だの裸子植物だの胚珠だと、細かい図を見ながら「被子植物と裸子植物の違いは.....」などと説明していると、こっちも基本的に検索しているだけで理解はしている訳ではないので、面倒臭くなってきてしまうのです。



流石にこんなことしてると、こちらの仕事に支障が出てきます。

「なんかうまいユーチューブでもないかな?」と思って見てみたら、ありました。完璧な授業。僕が気に入ったのは、家庭教師のトライのやつ(もとい、トライ先生)です。

まさに、配られている理科のテキストを解くための、分かりやすい完璧な授業が無料で配信されているのです。

僕が説明するより断然わかりやすいので、ワタルに勧めました。

飽きるかな?と思っていたのですが、彼らはユーチューブ世代なので違和感なく入っていくんですよね。授業のわかりやすさも相まって、集中して見ています。

しめしめです。



でも、こんな授業が配信されているなら、学校に行く必要性の意味が変わってしまうのではないだろうか?

学校の概念を揺るがすほどの、この素晴らしいユーチューブ授業に、僕は未来を見たような気がするのですが、まあそれはさて置いて。



「高校数学とかもあるのかな」と見てみました。

ありました、高校シリーズ。

僕は微分の根本的な概念を理解せず、公式だけで過ごしてしまった感があったので、ちょっと見て見たのですが、これがよく分かるし面白い。

そんなこんなで僕が最近は、数学と歴史のトライ先生にハマっています。

家で悶々としてる人は、是非見て見てください。小学校から高校まで、自分が解らないところから始められます。なんか「トライ先生!これが学ぶ喜びなのですね!」って感じです。

オススメですよ。



コロナに負けるな!



・ モーニングサロン

「山梨の理想の家のきまり23への招待」へのご参加
 (毎月第3土曜日7:00〜 参加費1000円/組(朝食付き)
         次回は5月16日(土)開催 
          (今回はZOOM参加のみ 参加費も頂きません)

  はこちら 
 

・・ 建築に関するご相談はいつでも(無料です)

  はこちら  


・・・ カタデザインのHP

  はこちら 








2020年4月21日火曜日

200421 希望の光

コロナの渦から、抜け出せる気配すらない日々が続いています。

都会に比べて感染者の少ない(でも人口比率は多いのですよ)僕の周りでも、さすがに休業が目立つようになってきました。

比較的廻っていた建設業界にも、その影響が少しずつ出てきたような気がしています。



僕は、自分でもかなり楽天家だと思っているのですが、それでも最近は、真夜中にふと目が覚めスマホでコロナ情報を見る、といったような悶々とした日々が続いています。

僕の周りは基本的に人が殆どいないので、朝夕の散歩などで気分転換を図ることもできます。しかし、都会のマンション住まいの人なんかは大変だろうな〜と想像してしまいます。


青い空と雲


コロナ以上に、別の疾患で参ってしまう人も多いのではないかと心配になります。



一番困るのは、感染の正しいパターン?がよく分からないことです。

飛沫感染しかしないなら、マスクをしていれば飛沫は防げるはずなので感染は広がらないはずです!

前回書いたように僕は布マスクをしているのですが、布マスクはウイルスに対してはスカスカなので、ウイルスに対してはマスクは有効でないことは理解できます!

多くの人がマスク着け飛沫感染を防いでいるのに、感染が広がるのは空気感染してるのか?

3密とか、ディスタンスとか言っているのは、具体的にどんなパターンでの感染を防ぐ事を想定して言っているのか?

国やWHOが発表している感染対策の内容に対し、個人的には!よりも?が多いのです。



イメージとしては、霧の中で敵と戦わなければならないのに、柱は「敵だ!戦え戦え!」と言っているだけで、わけも分からずに味方がやられている、そんな感じです。

「敵はこうやって攻撃してくるので、このようにして戦え」と具体的に指示も出さず、「とにかくぶっ放せ!」みたいな指示しか柱から出ない、そんな感じです。

まだ敵の全容が分からず、仕方ないといえば仕方ないのですが、だからと言ってここでやられるわけにはいきません。

炭治郎なら、ここで「あきらめるな!呼吸を整えろ!自分の頭で考えろ!」となるわけです。

いやー、「鬼滅の刃」が日本中の子供たちに爆発的な人気というのは、ホント世の中捨てたもんじゃない。希望ですね。



話がそれましたが、僕も様々な情報を踏まえ、自分の頭で考えて、「この感染パターンを断つ」というのを決めました。

そのパターンとは、「ウイルスが付いている可能性がある手で、口や目に触らない」です。

もちろんなるべく出かけないようにしますし、マスクもします。その上でということです。

そして、ウイルスが付いている可能性がある手を洗う際には、「手についてしまった灯油を石鹸を使って洗い流す」感じをイメージしています。

「歌を歌いながら手を洗うのはちょっと...」というおじさんはどうぞ。イメージしやすいと思いますよ。






コロナに負けるな!





・ モーニングサロン

「山梨の理想の家のきまり23への招待」へのご参加
 (毎月第3土曜日7:00〜 参加費1000円/組(朝食付き)
         次回は4月18日(土)開催 
          (今回はZOOM参加のみ 参加費も頂きません)

  はこちら 
 

・・ 建築に関するご相談はいつでも(無料です)

  はこちら  


・・・ カタデザインのHP

  はこちら 










2020年4月15日水曜日

020413 マスク

コロナの影響で、街ゆく人はみなマスクをするようになってきました。

当初は「飛沫感染だけ!」と言われていたのに、空気感染するのか?何が何だかわからなくなってきています。

とにかくマスクをみんなしていて、その結果マスクの品薄がずっと続いています。



挙げ句の果てには、政府からアベノマスクが送られてくるとか。

SNSには、国が悪いとか、誰が悪いとか...    確かに僕も言いたいことはたくさんあるのですが、とにかくマスクに関しては、無いとか心配するのも嫌だし、自分で作れるので作ってみる事にました。



まずはユーチューブでお勉強。

ネットには、マスク作りに関する情報が溢れていて、型紙なんかもダウンロードすることができます。

生地は、瀬戸内デニムさんでもらったファブリック見本の切れ端を使います。せっかく作るのだから、気に入った生地でカッコいいのにしたいですよね。



出回っている型紙は使わず、紙で自分の顔に合わせて型紙を作ることにしました。

何度か作り、いい感じでフィットしそうな型紙を決め、布での制作にかかりました。

技術もないくせに下手にミシンを使うより、ローテクな方が良いと判断し手縫いにします。

裏地を表と同じように立体にするとメンドウなので、布を垂らすだけにするなど手抜きして、何度かやり直しながらなんとか完成させました。



こんな感じです


自分ではかなり満足のいく出来ばえです。

しかし、最終的にマスクになると、型紙では分からなかった口の動きによるズレが発生し、話しているとだんだん上にズレてきてしまう問題が発覚しました。

それでも、自分ではかなり気に入っていて、毎日着けています。



マスクを作ってみて思う事があります。

最近は、自分でも作る事ができるのに、「ものづくりの心」を忘れてしまっている人が多いという事。

このマスク、夕食後から作り始め真夜中までかかってしまいました。しかし模型を作っている時と同じように、時が経つのを忘れて没頭してしまいました。

やはり、充実感や、出来上がった物への愛着感も含めて「ものづくりは楽しい」と思わぬところで実感しています。

第2号は、別のカッコイイ生地で、1号の問題点を改善して作ろうと思っています。



コロナに負けるな!







・ モーニングサロン

「山梨の理想の家のきまり23への招待」へのご参加
 (毎月第3土曜日7:00〜 参加費1000円/組(朝食付き)
         次回は4月18日(土)開催 
          (今回はZOOM参加のみ 参加費も頂きません)

  はこちら 
 

・・ 建築に関するご相談はいつでも(無料です)

  はこちら  


・・・ カタデザインのHP

  はこちら 











2020年4月9日木曜日

200409 非常事態2

先日書いた持論で、コロナに感染しても、「人にうつさず、自身が重症化しなければ良い」と書きました。

でも、そのロジック、よく考えたら大事な前提無しには意味を失います。

その前提は「自分が感染しているかどうか知っている事」です。



国が検査をさせない以上、自分自身で推測するしかありません。

初期の段階の症状を知る上で、信頼できるのは体温です。

「朝夕体温を測って37.5℃以上なら、自分は感染していると思って行動する(しない?)、それしか今の状況ではできることはありません。



あと、その後のことをちょっと考えてみます。

こんな状況がしばらく続くのであれば、どう考えても家を建てようなんて考える方はいないと思います。

でも、外国人観光客は来なくても衣食住をなくす事はできません。

小さな事でも、より良い提案をし、喜ばれる仕事はあるはずだと信じています。

コロナに負けるな!







・ モーニングサロン

「山梨の理想の家のきまり23への招待」へのご参加
 (毎月第3土曜日7:00〜 参加費1000円/組(朝食付き)
         次回は4月18日(土)開催 
          (今回はZOOM参加のみ 参加費も頂きません)

  はこちら 
 

・・ 建築に関するご相談はいつでも(無料です)

  はこちら  


・・・ カタデザインのHP

  はこちら 






200525 お蔵調査

コロナも一旦治ってきましたね。 しかし、日本中の誰もが第二波の到来を確認ししていますし、その準備もそれぞれ考えている筈です。 そうは言っても、人混みに出かけないなどの基本的なことに加えて、自分でできる事と言えば、免疫力を高める位しか無いのです。 しかし、この免疫力を高...