2019年7月23日火曜日

190723 サウナのこと2

僕とサウナの出会いは、学生時代に通っていたジムが始まりです。

「風呂がわり」にほぼ毎日通っていたのですが、クロールで長く泳ぐのがだんだん楽しくなり、1回少なくとも1.5キロ、多い時には3キロ位泳いでいました。

プールから上がると、サウナに入って体を温め、水風呂に入って出る、というのがほぼ毎日の日課であったのですが、ある日、サウナの中で一緒になった人に声をかけられました。

毎日ジムに来る人はだいたい決まっているので、顔は見た事があります。長く泳ぐコツなど話してゆくうちに、その方は設計事務所を主宰しているということで、僕も建築の学生だと話したら、「一度遊びにおいでよ」という事になりました。

その出会いがきっかけで、卒業までの3年程、ボスの事務所に出入りさせてもらいました。その影響で建築設計の仕事に就くことを決意するのですが、もしジムにサウナが無くボスとの出会いが無かったら、建築設計の仕事には就いていなかったかも知れません。

そんな意味で、サウナは僕のターニングポイントとなった出会いの場所なのです。

そして今でも、ジムで泳ぎ、サウナに入って水風呂という生活は続いています。サウナは僕にとってラッキープレイスなのです。



卒業して、地元の設計事務所に就職した僕は、ジムやサウナどころではなく毎日夜遅く仕事をしていました。

激務の中にでも、仲間や先輩との楽しい思い出はたくさんあるのですが、その中でやはりサウナの思い出もあります。



所長は親分肌の方で、僕らスタッフをよく自宅に招待してくれました。

所長宅には立派な浴室があり、サウナと水風呂があったのです。建築家の自邸らしく、水風呂のヘリはあのサボア邸の浴槽の形をしていました。




これは本物のサボア邸



みんなんでサウナに入った後で、ビールとご馳走を頂きながら話をした楽しい思い出は、つい昨日のように思い出されます。



ここで僕自己紹介がてら、その後どのようにサウナに至っているのか書こうと思います。



設計事務所勤務を経て、僕は地元の工務店に転職しました。

山梨県には木造の国宝建築物が2つあるのですが、僕の住んでいる峡東地区に両方あるのです。

建築設計といってもいろいろありますが、「この様な木造文化の残る場所で建築をするなら木造を極めたい」と思ったのがその理由です。



転職先の工務店では、主に古民家に関する仕事をさせてもらいました。クライアントとの打合せから、設計、予算や現場管理まで、穴掘りや鉄筋組立もした事があります。

当時、「古民家再生の仕事をしている」と人に話すと、「和風だね」と言われます。

でも知っている人なら分かると思うのですが、民家が和風というのは適当ではありません。では何なのか?と考え、本などもいろいろ読んだのですが、ある時、梅原猛先生の「森の思想が人類を救う」という書籍に出会いました。その本を読んで民家は縄文だという結論に達したのです。



その3に続きます





事務所案内などはこちらへ 




2019年7月18日木曜日

190718 模型作り 

数年前から、夜になると新聞などが読みにくくなってきたような気がしていたのですが、このところ、いよいよ気になってきました。

40過ぎれば、気がつかなくても老眼が進んでくるそうなのですから、まあ仕方のないことだと思います。

体育会系建築士を自称する僕としては、「見えにくくても頑張って見るようにする」とか「雲を見る」とかして、「眼の筋肉を鍛えれば老眼の進行を遅らせることができる」と信じて悪あがきをしてきましたが、先日ついに老眼鏡を買ってしまいました。

しかし、買ったら買ったで、どこに置いたか忘れてしまい、かけようと思う時には無い事が多く、さまざまな部分での老化現象を思い知らされています。



設計の仕事をするのに、最近は昔ほど老眼を気にする必要がなくなりました。

ドラフターで図面を描いていた頃は大変だったと思いますが、今は図面でも書類でも、モニターの表示倍率を大きくすればよいだけなので、本当に助かります。

あとは、僕らの仕事といえば「模型作り」なのですが、こちらの方は数年前から1/50の大きな模型を作っているので、全く不便はありません。



先日も夜遅くまで模型を作っていました。




全長60㎝ 夜までに作り終えるように段取る方が大切なのでは?と相棒には言われます



昔は、模型を作っていれば時間を忘れ、朝まで眠くならなかったのですが、今回は目がショボショボしてきたので少し寝てしまいました。



色々な事で老化を感じる今日この頃です。

しかし、体育会系建築士としては「頑張って鍛えれば老化の進行を遅らせる事ができる」とまだまだ信じていますので、「次は朝まで頑張ろう」と、さらなる悪あがきを決意するのです。





事務所案内などはこちらへ 








2019年7月14日日曜日

190714 サウナのこと1

私事なのですが、6月末に足を怪我してしまいました。 

手術して10日ほど入院し、先日退院したのですが、相手(お客様)が居る事なので、不自由ながらもギブスで松葉杖をつきつき仕事しています。   

皆さんにお会いして「実は斯く斯く....でこんなになってしまいました」と説明するのですが、お会いする皆さんをあまりビックリさせては申し訳ないので、ここで発表?させて頂きます。   



入院中は、読み物をしている事が多かったのですが、さすがに新聞も本も隅々まで読んでしまうと、活字疲れしてしまいます。 

当然、一番少ないギガで契約しているスマホは、ゴルフ動画の見過ぎでとっくに速度規制がかかってしまっています。 

「なんとかしなければいけない!そうだブログを書こう!」と思ったのが入院3日目。 それ以降は、読書の間にブログを書き溜めていました。   

「サウナのことを」と思って書き始めたのですが、思いがけない長文になってしまい、まだ完結していません。

しかし、今まで断片的に考えていた事が繋がって思わぬ発見があったりと、自分では良い感じで頭の整理ができている(現在進行形)と思っています。 

やはり、よく言われるように「インプットだけではなくアウトプットしなければいけない!」ということですね。 

そんなわけで、書き溜めた「サウナのこと」についてアップしていこうと思います。「非常に奥深いサウナの世界」に興味がある方は、是非耳(目)をお傾けください。



怪我をする数ヶ月前、僕はフィンランドを旅してきました。 



森と湖の国



実は最近、庭にスモークサウナを造りたくて、いろいろ検討しているのですが、やはり本場を体験しなければ話にならないという事で、なんとか都合をつけ実際のスモークサウナに入りに行ったのです。 せっかくですから、ついでに、よくテレビで見かけるように、「凍った湖にドボン!」ってのもやりたいものです。 

残念ながら、湖はもう凍ってはいなかったのですが、本物のスモークサウナと湖体験をすることができました。

一番の感想ですが、よく言われているような「本場フィンランドのサウナは熱くない!」というのはウソです。

そして、戻ってきてからは「郷愁」、「あの場所に戻りたい」とでも言いましょうか、そんな思いが日に日に強くなっていきます。 



続きはその2へ


事務所案内などはこちらへ 

2019年6月14日金曜日

190614 現地で

HPの不具合がまだ続いているのですが、気をとり直してブログを更新します。



先日、今計画中の物件の敷地への位置出しを行いました。

建て主のSさんにも立ち会って頂き確認したのですが、Sさんの印象は「イメージしていたのよりも小さい感じ」との事でした。

同じ平面でも、1.地縄で位置出しをした時点、2.基礎が出来上がった時点、3.骨組みが立ち上がった時点、4.実際の建物が完成した時点、それぞれで広さの印象がだいぶ変わります。

僕の今までの経験では、大きさに関する印象は、1<3<4<2   こんな感じです。

自分なりに理由は思い当たるのですが、長くなるのでまたの機会にするとして、とにかく言えることは、「人間の感覚は曖昧なもの」ということでしょうか?

今まで、その曖昧な感覚を頼って何度か痛い目をみた経験から、僕は「人間の感覚は曖昧なもの」と、常に思うことにしています。



建物の位置を出した後には、いつも、ポイントとなる部分の高さの確認をします。

棒を立てて実際の高さを確認するのです。



左の高い木の下あたりに棒を立てています


電柱や既存の建物の高さからイメージしても、ある程度は分かるのですが、長さを測った棒を立てた方が精度が高いですからね。

後は、2階の窓からの見え方をイメージしたり(これはさすがにジャストの高さというわけにはいきませんが)します。



今回はイメージ通りでしたが、現場によっては「イメージしていたのと違った」ということも結構あります。

周りの環境の違いが原因なのでしょうが、やはり、その度に「人間の感覚は曖昧なもの」ということを再認識しています。



事務所案内などはgoogl

2019年6月10日月曜日

190610 再度ホームページの不具合について

先日復旧したホームページですが、現在また閲覧できない状態が続いています。

ただいま復旧を進めておりますので、事務所案内などはgoogleなどでお願いいたします。

なおメールアドレス ishihara@katadesign.org  も同様に使用できない状況が続いております。

メールでのご連絡は gjbjb980@yahoo.co.jp  までお願いいたします。

大変ご迷惑おかけしております。

よろしくお願いいたします。



カタデザイン一級建築士事務所 石原 岳 


2019年4月8日月曜日

190408 ホームページ復旧しました

カタデザイン のホームページが復旧しました。

皆様にはご迷惑をおかけいたしました。



katadesign.org  で取っているドメインが、4月になり一旦解除されてしまったのが原因だそうです。

これを機会にホームページも刷新しようかと思案中です。



取り急ぎご報告でした。






・・・スタジオセミナー「山梨の理想の家のきまり23」へのご参加、

     (毎月第2土曜日10:30〜 セミナー参加費は1組1000円)

    建築に関するご相談(こちらは無料です)はこちらへ  




・・・カタデザインのHPこちら 


2019年4月6日土曜日

190406 お知らせ

新年度になってホームページが閲覧できない状態が続いており、現在原因を調査中です。

ご迷惑をおかけいたしますが、速やかに復旧いたしますので、その間の事務所案内はGoogleなどでご確認いただきますようお願いいたします。



カタデザイン一級建築士事務所 石原岳


2019年4月1日月曜日

190401 新年度

ちょっとお休みしていましたが、またボチボチ書いていきますのでよろしくお願いします。



今日午前中に、新元号「令和」が発表になりました。

名前というのは大切で、漢字とか音の響きとか、人に与える影響は大きいと思います。

とにかく、今年は日本にとって大きなターニングポイントの年なのでしょう。



私は、新年度からバタバタしています。

日本は良い時代となるように、僕もそこにあやかれる様にしたいものです。






190723 サウナのこと2

僕とサウナの出会いは、学生時代に通っていたジムが始まりです。 「風呂がわり」にほぼ毎日通っていたのですが、クロールで長く泳ぐのがだんだん楽しくなり、1回 少なくとも1.5キロ、多い時には3キロ位泳いでいました。 プールから上がると、サウナに入って体を温め、水風呂...