2017年12月15日金曜日

171213 お宝

「どうせまとまってできないのだから!」と少しずつ大掃除をしています。

昨日は、本棚を整理しました。

以前書きましたが、建築以外の本は、小さめの本棚に入りきらなくなったら処分するように決めたのですが、建築の本はなかなか踏ん切りがつきませんでした。

しかし、本棚は無限にあるわけではないので、今回から「雑誌は1年間だけ残してその後は処分する」と決めました。

その一環?としての本棚整理です。



古い建築雑誌をまとめてリサイクルに出そうと思ったのですが、変な?雑誌はそうするとして、「a+U」は、もしかしたら売れるのではないかと思いネットで調べてみてビックリ。

バックナンバーがそこそこの値段で販売されており、「買取もします!」などど書かれているのです。

特に、OMAとかピーターズンドーとか有名どころの特集などは、買った価格より良い値段がついています。

おーこれもあるぞー!

ちょっと盛り上がってしまいました。



そんなわけで、処分しようと思っていた「a+U」は、本棚から納戸に移されただけで、第二の人生を待つ身となったのです。

ただ、部屋は片つきません。






0 件のコメント:

コメントを投稿

180716 8寸勾配

今進んでいる現場では、屋根を8寸勾配にしています。 自然の理屈から考えれば、プリミティブな建築の屋根勾配は8寸位になるので、そういう意味で僕はこの勾配が好きです。 もちろん、好きだけでは物事は進まないのですが、とにかく今回の現場の屋根は8寸なのです。 ...