2018年4月8日日曜日

180403 トリビア

最近は、杉板の天井なんてほとんどお目にかかりません。

うちの事務所も一部杉板の天井なのですが、幅の狭い板を使っているので少しニュアンスが異なります。

ここで言う杉の天井と言うと、8寸幅くらいの板を使った天井の事。

目透かしであったり、竿縁で押さえてあったりと、ともかくいい座敷に使われるものです。

幅8寸の杉板を摂るには、少なくともそれ以上の直径の杉の木が必要なわけで、それが更に杢目ともなれば条件はもっと厳しくなります。

そんな理由もあり、最近はともかく杉板の天井がほとんど無いのです。



先日訪ねた某所は杉板の天井でした。

建物もそれに相応しい、和風の良い建物です。

ところでその天井、座敷は綺麗に仕上がっていたのですが、廊下にはシミがついていました。





これは手の脂の跡です。

無塗装の無垢の杉板を天井に貼る時は、手をよく洗うか手袋をして脂に注意しないと、長い間にはこのようになってしまうのです。


※ 明日に続きます





・・・スタジオセミナー(毎月第2土曜日、4月は14日10:30〜)
へのご参加、


    建築に関するご相談(無料です)はこちらへ  



・・・カタソレのHPはこちら 






0 件のコメント:

コメントを投稿

180716 8寸勾配

今進んでいる現場では、屋根を8寸勾配にしています。 自然の理屈から考えれば、プリミティブな建築の屋根勾配は8寸位になるので、そういう意味で僕はこの勾配が好きです。 もちろん、好きだけでは物事は進まないのですが、とにかく今回の現場の屋根は8寸なのです。 ...