2018年3月20日火曜日

180310 プレゼン

プレゼンと言うと、何かこ難しい資料をたくさん作って、と考えがちです。

しかし、以前お付き合いのある大手広告代理店のプレゼンを見てその考えは変わりました。

要点はとにかく、独りよがりの資料にならない事です。

よく考えれば当然。

そして、建築のプレゼンにも当てはまります。



今計画している改修計画ではこんなような資料を作っています。



説明を追加


相手は何を考え、望んでいるのか。

それを考える、に尽きると思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

180716 8寸勾配

今進んでいる現場では、屋根を8寸勾配にしています。 自然の理屈から考えれば、プリミティブな建築の屋根勾配は8寸位になるので、そういう意味で僕はこの勾配が好きです。 もちろん、好きだけでは物事は進まないのですが、とにかく今回の現場の屋根は8寸なのです。 ...