2018年1月3日水曜日

171226 恐怖体験6

あと思うのは、「煙突掃除をしやすいような煙突の設計にしなければならない」という事です。

ウチのように乾燥しきっていない薪を燃やさず、断熱煙突であれば良いのですが、それでも年に1度の煙突掃除は必要になるでしょう。

それを業者に頼み、高所作業車を使った作業をするとなると、1回5万円位はかかるでしょう。

そうなると、バイオマスライフも敷居が高くなってしまいます。

薪ストーブを勧める業者は、メンテナンスや燃焼の仕組みなど十分にクライアントに説明する義務があると思います。

そして、自分で安全に煙突掃除ができるような設計にしておく事も大切だと思います。

次回へ続きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

190614 現地で

HPの不具合がまだ続いているのですが、気をとり直してブログを更新します。 先日、今計画中の物件の敷地への位置出しを行いました。 建て主のSさんにも立ち会って頂き確認したのですが、Sさんの印象は「イメージしていたのよりも小さい感じ」との事でした。 同じ平面でも、1....