2018年2月23日金曜日

180223 3時間耐火

案内が届き、先日木造3時間耐火の講習会に行ってきました。

新国立競技場も木を使っていたり、どこかの企業が木造超高層の計画を発表したりしています。

木は燃えるので今まで大規模建築は不可能だったのですが、最近は耐火木材の登場により可能になりました。

そして今回の3時間耐火により、今まで14階までしかできなかった木造建築がついにその壁を破ることができるのです。

ちなみに、15階以上を超高層建築と定義しているそうです。



木を、それも身近な山に生えている木を使うという事が、社会的にどのような影響があるか、とかいうような話も出て、とても良い勉強になりました。

規模は違えど、地域でも、大企業や国でも、木を使い森を元気にする取り組みは進んでいます。

後は一般の人が、どれだけ自身の事として考えてくれるかのですが、木造超高層などが完成すれば、巨大な広告塔としてのその動きはもっと活発になると思います。

何よりも、ちょっと夢があっていいですよね。


これは1時間耐火です

0 件のコメント:

コメントを投稿

180716 8寸勾配

今進んでいる現場では、屋根を8寸勾配にしています。 自然の理屈から考えれば、プリミティブな建築の屋根勾配は8寸位になるので、そういう意味で僕はこの勾配が好きです。 もちろん、好きだけでは物事は進まないのですが、とにかく今回の現場の屋根は8寸なのです。 ...