2018年2月1日木曜日

180131 世の中の流れ

僕は、学生時代からラジオとかを聴きながら勉強はできないタチでした。

仕事を始めてからは、前いた事務所ではおきまりの「ジェットストリーム」、独立してからは色々浮気をしながら聴いていました。

しかし、学生時代のことを思い出し、「聴きながらだと集中できないのではないか!?」と思い実験してみました。

ブログでも良いのですが、文章を考えるときに聴いてみるのです。

その結果、ラジオはダメでした。

それ以来、集中していないということで、ラジオはやめてクラッシックにしています。

ワルツなんか集中できないような気がするのですが、以外にも聴きながら文章も書けます。



前置きが長くなりました。

仕事中、通常はクラシックを聞いているのですが、国会開催中だけはその中継を聞いています。

国会中継は面白く?もちろん仕事に集中はできないのですが、国の方針を決める会議なので聞いています。

最近は、やっと普通になってきました。



その中で、高知出身の方が森林税とかCLTの話をされていました。

国立競技場もCLTを使用しますし、これからはやはりこういった材料が主流になるのでしょうか?

LVLにせよCLTにせよ問題は接着だと思います。

キチンとすれば性能はもう十分なところまで来ているのでしょうけれど、問題はキチンとしないケースが出てくることです。

鉄鋼とか、自動車とか最近色々聴きますからね。

とにかく時代の流れですから、それらの材料、キチンと抑えておく必要がありそうです。





0 件のコメント:

コメントを投稿

180716 8寸勾配

今進んでいる現場では、屋根を8寸勾配にしています。 自然の理屈から考えれば、プリミティブな建築の屋根勾配は8寸位になるので、そういう意味で僕はこの勾配が好きです。 もちろん、好きだけでは物事は進まないのですが、とにかく今回の現場の屋根は8寸なのです。 ...