2018年2月11日日曜日

180209 諏訪へ

諏訪にお蔵の調査に行って来ました。

僕は諏訪には結構行きます。

いつも思うのですが、諏訪(長野)には僕好みの木造建築がたくさん残っています。

今回のお蔵も、残そうというだけあって土蔵の良いお蔵でした。





僕は、お蔵の調査は結構好きです。

お蔵は民家以上に土着的で形状が面白く、デザイン的にも、とても良いヒントになります。

調査は、「外と中から測ってそれを繋げる」作業になるのですが、存在している事は絶対的な事なので、実測して繋がらない事はなく、外と中の「つじつまが合わない」部分を考えて「あーこうなっているんだ!」みたいに解決するプロセスがいいのです。



あと民家調査は鮮度が命です。

調査したのを少し放っておくと忘れてしまいます。

このブログを書いたら調査図の作成にかかりたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

180716 8寸勾配

今進んでいる現場では、屋根を8寸勾配にしています。 自然の理屈から考えれば、プリミティブな建築の屋根勾配は8寸位になるので、そういう意味で僕はこの勾配が好きです。 もちろん、好きだけでは物事は進まないのですが、とにかく今回の現場の屋根は8寸なのです。 ...