2018年2月1日木曜日

180130 秘密兵器

と言うほどでもありませんが、360°カメラを購入し、現場調査で初めて使用しました。

昔から散々してきた民家調査では、どうしてもメモしきれない部分が出てくるので、写真を撮りまくりました。

とは言っても、フイルムカメラの時代でお金もかかるので、デジカメみたいに撮れば良いってものではありません。

デジカメだからと言って、やたらに撮っても、それはそれで見つけるのがめんどくさいものです。

それがこのカメラだと、1部屋1枚で済むのです。自分が影になる事があるので、方向を変えて2枚撮れば間違いありません。

素晴らしい。こんな時代が来るとは夢にも思いませんでした。

本当に素晴らしいです。



専用のアプリを使えば360°グルグル回せ、拡大もできます。




0 件のコメント:

コメントを投稿

180716 8寸勾配

今進んでいる現場では、屋根を8寸勾配にしています。 自然の理屈から考えれば、プリミティブな建築の屋根勾配は8寸位になるので、そういう意味で僕はこの勾配が好きです。 もちろん、好きだけでは物事は進まないのですが、とにかく今回の現場の屋根は8寸なのです。 ...